パンプスができるまでカテゴリー パンプスのDhyana.(ディアーナドット)


トップページ > パンプスができるまで






Dhyana.(ディアーナドット)のパンプスは、神戸の直営工場にて、一足一足丁寧に作られています。
こちらでは、パンプスができるまでの工程をご紹介します。





1.パターン(型紙)作成

パンプスのデザインが決まったら、直接木型(ラスト)に線を描いて
パターンを取ります。立体から平面にパターンを作ります。











2.裁断

パターンを元に、革を裁断します。
革の色むら、傷が無いか確認しながら、両足同じ見た目になるよう、注意して裁断しています。








3.縫製

革専用のミシンを使い、アッパー(本体)の表材と裏材を縫い合わせます。
パンプスの仕上がりを左右する重要な工程です。細かい作業なので、職人の
技術が試されます。縫い目の歪みや、糸調子に細心の注意をはらいます。








4.頭吊り

アッパーと木型をトゥラスターという特殊な機械で、つま先部分を吊り込みます。
木型に沿ったつま先が形成されます。革の種類によっても伸びや硬さが違う為、
機械にかける圧力の調節は、職人の経験やカンの腕が試されます。








5.吊り込み

つま先を吊り込んだあとに、中心からかかと部分までを手で吊り込みをします。
機械でつま先吊り込んだ後は、手作業で全体を吊り込みます。
強い力で革を引っ張るため、ペンチを使用します。
木型に沿わせるように引っ張りながら、よれやしわが無いように、注意します。








6.底付け

本底を温めて、アッパーの底面に糊を塗って貼り合わせます。
強力な粘着力の糊を使用するため、ずれて貼ってしまったら、剥がすのに大変。
つま先から、慎重に貼り合わせます。











7.ヒール打ち

ヒールをかかとの内側から機械で、しっかりと釘打ちをします。
木型から外されたパンプスは、ヒールを釘でしっかりと固定します。
固定する場所は、かかとの真下あたり。ヒールの形や高さにより、釘の形や本数も変わります。








8.検品・完成

中敷きを貼って、キレイに仕上がっているかをチェックしパンプスの完成です。








Dhyana.(ディアーナドット)のパンプスができるまでのご紹介でした。

手作業の多いパンプス作りは、熟練の職人よる技術が不可欠です。
ぜひ、心をこめて作ったパンプスを、あなたに長く履いていただければ嬉しいです。